海外に住む全ての人が必要な「在留届」を提出した

セネガルのダカールにある日本国大使館に行ってきました。

今回日本大使館を訪れた目的は在留届提出の為です。

在留届とは3ヶ月以上外国に滞在する人が提出する必要のある書類のことで、緊急の時の安否の確認などに役立ちます。

実は僕は、外国に3ヶ月以上滞在するのは今回で4回目なのですが、在留届を提出したことはありませんでした。というか存在すら知りませんでした。
なので今回が初めての在留届提出になりました。

しかし、在留届を提出したい旨を伝えると大使館の方は「在留届の提出はネットでもできますよ。」とのこと。
しかもネットで提出した方が何かと便利とのことなので僕もネットからやることにしました。

本当に便利な世の中になったものです。

在留届のページはこちら→ORRnet – インターネットによる在留届電子届出システム(3ヶ月以上海外に滞在する方)

ちなみにセネガルの日本大使館には貸し出し用の日本語の本やDVDがあります。
本の数は200冊以上はあるかと思います。

僕も早速本を5冊程借りて帰りました。
kindleを持ってきているもののやっぱり、紙の本のページをめくる感じはいいし、何よりここならタダで借りられます(笑)

また、旅行者の情報ノートもあるので、情報が少ない西アフリカを旅行する方は貴重な情報が手に入るかと思います。
情報ノートには「サハラ砂漠への行き方」なども書かれていて、僕も久々に旅人としての血が騒ぎました(笑)

About

西アフリカ、セネガルの首都ダカール在住の原田です。 現在、セネガルで日本食堂「和心」開業に向け奮闘しています。 セネガルでの出来事をどんどん発信していきます。 日本食堂「和心」 アフリカホームステイ代表

View all posts by