横浜で開催された「アフリカの女性起業家セミナー」に行ってきた

2014年2月3日に横浜で開催されたJICA主催のセミナー「アフリカの輝く女性と共に成長を!」に行ってきました。
結構大規模なイベントで著名人も多数来ていたので、各講演者がスピーチした様子を書いていきたいと思います。

1.開会挨拶 田中明彦氏 JICA理事長

JICAの理事長として田中氏は現在JICAがケニアで行っている農業プロジェクトの紹介、JICAとして今後更にアフリカへの支援をしていきたいと言っていました。
また、田中理事長は2014年1月10日〜1月14日まで安倍総理と共にコートジボワール,モザンビーク、エチオピアを訪問した様子も語ってくれました。
その中で安倍総理が今後更にアフリカへの投資を強めていく、アフリカ経済の重要性を話していたようで、アフリカに注目しているのはごく一部の人だけではないと再実感することが出来ました。


2.岸信夫氏 外務副大臣

政治家の岸外務副大臣も日本にとって今後アフリカが重要な投資先であることを話していました。
また、日本とアメリカ共同でアフリカを支援し、アフリカ経済の発展により日本の経済、世界の経済をも発展していくだろうとのことを言っていました。


3.林文子氏 横浜市市長

横浜市初の女性市長として活動されている林市長はアフリカというよりは主に現在横浜市がどのように女性支援、特に子どものいる女性の支援をしていきたいかということを話していました。
日本で一番働きやすい市町村を横浜市は目指していて、保育園に入園できない子どもの数も今ではゼロになったとのことです。


4.キャロライン・ブービエ・ケネディ氏 駐日米国大使

アフリカのセミナーに来ていながら、ケネディさんが出てきて「あのケネディさん?すげー!」と思ってしまった自分はまだまだだと思いました(笑)

冗談はさておき、ケネディ氏は今後はアメリカも日本と協力してアフリカを支援していくと話されていました。
援助ではなく、ビジネスや企業を誘致し、アフリカの女性が働きやすい環境づくりをしていきたいという印象を受けました。
ちょっと前まで「貧困」のイメージしかなかったアフリカでしたが、これからは日本とアメリカが協力してアフリカを「援助」ではなく「投資」をしてビジネスとして力を入れていくとケネディ氏は語っていていました。


5.田崎正光氏 株式会社サカタのタネ取締役

サカタのタネは花や野菜の園芸種子を売るビジネスをアフリカで展開しているようです。
今後は農業ビジネスを力を入れていくとして、特にカボチャは比較的簡単に栽培できて、様々な環境にも適応出来る野菜として注目していると言っていました。



6.アフリカの女性起業家によるパネルディスカッション

講演の後はパネルディスカッションとして女性起業家の方5人(アフリカ人4人、日本人1人)のお話しがありました。

①Yefikir Design代表 フィキルタ氏

ファッション会社Yefikir Designを経営されているエチオピア出身のフィキルタさんは10名の正社員のいる会社の社長として手織りコットンと天然染料を使い、自身がデザインする洋服を製造・販売しているようです。
今ではこうして会社を作っていますが、始めは融資を受けるのがかなり難しかったと言っていました。

②ライラック&シェイズ代表 エレン氏

タンザニア出身のエレンさんはメディア会社ライラック&シェイズの代表として活動されています。
印象的だったのは彼女が子どもと一緒に過ごしたいから正社員ではなく自身で会社を設立することを選んだとして、今では仕事と家族と過ごす時間、子育ての時間を自分でコントロール出来るようになったと言っていました。
アフリカの女性はまだまだ雇用状況が悪く劣悪な環境で働く女性もいるのが問題と指摘し、今後は女性の仕事と家庭のバランスが取れるのが大事だと訴えていました。

③カリ・チックス代表 カリ氏

南アフリカで養鶏業を営むカリ・チックスという会社の代表をしているカリさんはビジネスパートナーを探す為に自らインドに行ってきたようです。
養鶏業は1週間に2万羽の鶏を育てて出荷するビジネスで始めはかなり大変だったと言っていました。
現在は女性と農業・農村開発国家事務局長も努めているようです。

④株式会社ビタミンママ代表 渡辺氏

株式会社ビタミンママの代表取締役社長渡辺順子さんは以前は出版社に務めていたようですが、出版業界の激務ではとてもではないが、仕事と家庭の両立が出来ないと退職し、後に株式会社ビタミンママを設立したとのことでした。
設立当初は営業先に「どうせすぐに辞めるんでしょ?」と言われたりもしたようでしたが、現在では社内の「ワークライフバランス」を最優先に考えながらも年間4回の情報誌、フリーペーパーの配布を行っていて、女性の仕事と家庭の両立を目指す世の中のロールモデルのような会社だと思いました。

⑤チンウェ氏

チンウェさんはナイジェリアで建築業を営み、慢性的に住宅の足りていないナイジェリアにてアメリカ政府からの支援を受け、10週間で出来る家を格安で創ったり地域社会にも貢献している会社を運営されています。
何よりも大切なのは「行動力」という事を言っていました。



7.名刺交換会

約2時間の講演の後は名刺交換会が行われました。
パネルディスカッションで話されていた、アフリカで起業されビジネスをされている方達とも直接お話が出来てとても良い場でした。
彼女達はみな言葉は違えど「どこからでもいいから資金調達をして早く自分のビジネスを始めなさい。」と共通して言っていたように思えました。

また、日本人のアフリカに興味がある方やJICA関係者の方達ともお話させて頂き、有益な時間を過ごす事ができました。


↑名刺交換会の様子。



アフリカビジネスセミナー総括・感想

僕自身このような場に行くのは初めての事でしたが、予想以上に自分に採って有益なお話が聞く事ができました。
普段、国単位で、今後どこの国や地域に力を入れていくと直接話を聞けることはないですから。
2013年にオバマ大統領がセネガル、南アフリカ、タンザニアを、2014年には安倍総理がコートジボワール,モザンビーク、エチオピアのアフリカの国々を訪問しアフリカへの注目度は世界的に高まってきています。
しかし、恐らく日本ではアフリカはまだまだ注目度が低い地域だと感じています。
それがチャンスと捉え今後のアフリカビジネスに活かしていきたいと思いました。

About

西アフリカ、セネガルの首都ダカール在住の原田です。 現在、セネガルで日本食堂「和心」開業に向け奮闘しています。 セネガルでの出来事をどんどん発信していきます。 日本食堂「和心」 アフリカホームステイ代表

View all posts by