アフリカで髪の毛を切ったら 「アフリカンヘアスタイル」になりました

セネガルに来て4ヶ月。

髪の毛がかなり伸びてきました。

セネガル人男性は天然パーマということもあり、ほぼ100%と言ってもいい程みんな坊主です。

だからなのか、たまに道で出逢った全く知らない人にまで「髪を切れ」と言われる始末。

僕自身もそろそろ切ろうかなと思ってた事もありこの度初めてセネガル人に髪を切ってもらいました。

床屋で切ろうと思っていましたが、知り合いが自称「散髪名人」だと言うので自宅で切ってもらう事にしました。


切る前

ちなみに僕が散髪名人にした注文は、

1.坊主ではなく
2.短く
3.変じゃなければいいよ。

の3つです。

 

散髪名人はそんなの簡単と言わんばかりに無言で切り始めました。

 

 

散髪名人とは聞いていたものの、正直「あなた坊主しかしたことないよね?」と思ってたので不安ではありましたが、なかなかの手つきで安心しました。

それに久々に髪を切ってもらったのでかなり気持ちいいです。

 

 

ふぅ、ちょっとここで休憩。

撮ってもらっていた写真で、ちゃんとできてるか確認してみました。

 

すると目を疑いました

 

 

 

僕は慌てて聞きました。

「あの、なんですか? この後ろの尻尾みたいのは?」

いや、お洒落だけど。

 

あの、そういうのいらないから全部切ってもらっていいですか?

そう言うと渋々尻尾を切ってくれました。

 

 

そうそう。

そぉ〜だ!その調子!

 

まぁこれならいいでしょう。

 

今度は前髪です。

 

 

 

前髪が終わると最後の仕上げに入りました。

 

 

 

 

完成しました!

これでアフリカンヘアスタイルの出来上がり。

みんなすごくいけてるね!と言ってくれていましたが、もう何がなんだかよくわかりません。

 

 

後ろ

 

みんな大絶賛でしたが、最後に一言言われました。

 

なんかパイナップルみたいだね

 

 

どうやら日本人とセネガル人の美的感覚は少しは似ているようです。

About

セネガル日本人宿・食堂「和心」の原田です。 セネガルの首都ダカールで日本食料理屋とゲストハウスを経営しています。 アフリカの地で一緒に働くインターン生も募集中!

View all posts by

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください