セネガルでコロナワクチンの接種が遂に始まりました!

セネガルコロナワクチン コロナサバイバルin Africa

こんにちは!

前回の記事ではコロナ禍でのセネガル入国について書かせていただきました。
前回の記事→【インターン生再開目途】コロナ禍でのセネガル入国について

現状、旅行目的などの外国人はセネガルに入国する事は出来ません。

しかし、セネガルにも遂にコロナワクチンがやってきました!

既に一部の大臣などはコロナワクチンの接種を終え、セネガル国民にその安全性を促すキャンペーンなども行われています。

セネガルでコロナワクチン接種開始!

2月23日にセネガルでのコロナウイルスのワクチン接種が開始しました。

アフリカ大陸で7か国目のワクチン接種がセネガルで始まったと報道がありました。
ワクチンは中国シノファーム製でセネガルの大統領マッキーサルも「非常に有効的なワクチンで効果が期待できる。」と説明しています。

現在は大臣や一部の著名人がワクチンを接種している段階ですが、既にセネガル政府は200万回分のコロナワクチンを入手し、優先接種を行うと発表しました。

優先接種の基準は、20,000人の医療従事者と、基礎疾患のある60歳以上の医療従事者、続いて慢性疾患のある人と健康な60歳以上の高齢者です。

こうやって見るとセネガルと日本は優先接種の順番はほとんど同じですね。

セネガル人たちの反応は?

セネガル国内でのワクチン接種が始まりましたが、今の段階ではほとんどのセネガル人はまだ接種が出来ない状況です。

そういうこともあり、うちのセネガル人スタッフの中には「ワクチン接種?いやいやセネガルはまだでしょ?」と全く知らないスタッフもいました。

しかし、これから接種を進めていく中で、若年層への接種も始まると思うので、そうなったらまた話を聞いてみたいものです。

また、セネガル在住外国人へのコロナワクチンの案内については今のところ一切届いていません。

恐らく、接種が出来たとしてもセネガル国民が打ち終えた後か有料での接種になるとは思います。

セネガルでワクチンを接種する機会があればまたこのブログかYouTubeでご紹介したいと思います!

コロナワクチン接種でどう変わる?

現在ダカール空港は外国人旅行者の入国を制限していますが、今後世界中でコロナワクチンの接種率が高まれば以前の様に全ての人が自由に行き来できるようになるでしょう。

今の段階ではPCR検査の陰線証明が必要ですが、今後はコロナワクチンの接種証明が必要になる可能性が高いと思っています。

日本でもセネガルでも世界中でコロナワクチン陰謀論や反ワクチン派などがいますが、外国を行き来する際には当然必須になると思われます。

僕は必要であればワクチンは打ちたい派なので、早い段階で打ちたい気持ちがあります。

早く世界中でワクチンにより集団免疫が広まり元の世界に戻ってほしいと強く願っています。

この記事を書いた人
原田 翔太

現在クラウドファンディング挑戦中!
こちら→https://rescuex.jp/project/70603
2023年10月25日~12月20日の約2ヶ月間掲載しています。

セネガルの2号店Restaurant Yamato(大和)を首都ダカールに開業する為のプロジェクトになります。
是非まずは上記のクラウドファンディングページをご覧いただけたら嬉しいです。

アフリカ起業11年目。2015年からセネガルの首都ダカールに家族で移住しています。

2023年現在、首都ダカールでRestaurant Japonais wagokoro経営。
YouTube「ダカールTV」を不定期で配信中。

原田 翔太をフォローする
コロナサバイバルin Africa
原田 翔太をフォローする
アフリカ起業人ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました